診療項目

(1)歯科保存治療

歯科保存治療とは、歯を抜くことなくいつまでも自分の歯で噛めるよう治療し、大切な歯を維持し保存させ機能させていくことを目的とした分野です。

歯科保存治療は以下のとおりに分類します。

①保存修復 ②歯内療法 ③歯周療法

①保存修復

歯の崩壊した部分を補修する。
むし歯をけずって、レジンを詰めたり銀歯をかぶせる

②歯内療法(根管治療)

歯の神経を治療する。
根管の消毒やお薬で充填

③歯周療法(歯槽のうろうの治療)

歯を支える組織の病気を治療する。
歯石を除去したり、炎症した歯肉を除去する手術

(2)ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の色を薬剤で変化させ歯を削らないで白くすることです。
当院では、自宅でできる『ホームホワイトニング』を採用しております。

※歯周病や虫歯があったり、汚れがひどいとホワイトニングができない場合があります

ホームホワイトニングのメリット

  • 低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
  • 透明感のある自然な白さを得ることができる
  • ご自身のペースでホワイトニングができる
  • 後戻り(リバウンド)が少ない
  • 比較的安価である

ホームホワイトニングのデメリット

  • 効果発現が遅い

(3)予防歯科

専用の唾液検査機器によるお口の状態をチャートで判定します。

唾液検査でわかること

(1)むし歯菌の度合い

虫歯菌が多いと、歯垢(プラーク)が付着しやすく歯の健康を損ないます

(2)酸性度(口腔内PH)

唾液の酸性度が高い(PH数値が低い)と、歯質が溶解しやすくなります

(3)緩衝能(緩衝能)

唾液にはむし歯菌などの酸を中和する機能(緩衝能)があり、働きが悪いと、歯が溶解しやすくなります。

(4)白血球

歯周ポケットで細菌などが増加すると、整体の防御反応により唾液中の白血球が増加することが知られています。

(5)タンパク質

口腔内の細菌や歯垢の影響により、唾液中のタンパク質が多くなる事が知られています。

(6)アンモニア

口腔内の細菌数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなり口臭等の原因になると言われています。

(7)その他

唾液から、がんや生活習慣のリスクまたはストレスや疲労度合い

詳しくはこちら

(4)審美歯科(セラミック治療)

提供 シロナ

セレックによるCAD/CAM治療(セラミックの修復物を作成するシステム)

セレックの大きな特徴としては、ディスプレイ上で設計を行い、コンピューターシステムでセラミック修復物の削り出しが可能で、驚くほど早く精密な白い被せ物が出来上がります。

セレックの特徴

  • ① セラミックを使うので、自然で美しく仕上がります
  • ② 金属アレルギーの心配がありません
  • ③ 歯型をとらず直接口腔内をスキャンしてセラミックを削り出しますので、作製期間が短くなります。

(5)インプラント治療

提供 AQBインプラントHP

当院ではAQBインプラントを導入しております。

詳しくはこちら

AQBインプラントの特徴

  • ① ワンピースの構造のため破損しにくい
  • ② AQB独自のHAコーティング (骨との親和性がチタンより高い)
  • ③ 治療期間が短い(手術から1〜2ヶ月で終了)
    ※インプラント等の自費診療は確定申告しますと、1割弱の税金還付されます

(6)歯科矯正治療

当院では専門的な治療を求め確かな矯正専門医をご紹介いたします。
矯正に関するご相談は当院にてお受けし、的確なアドバイスをいたします。

詳細はこちらから

提供 矯正歯科医会

(7)歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群治療

①歯ぎしり

歯軋りをしている人の割合は高いとされ、ほとんどの患者様は自覚症状がありません。
ストレスがたまると、歯ぎしりをするかたが多いと言われます。
当院では、就寝時専用のマウスピース提供いたします。

②睡眠時無呼吸症候群

睡眠時舌の沈下等で、気道がふさがり呼吸ができなくなります。

治療法

  • 1 マウスピースによる治療
    下顎を前に出した状態の装置を入れ、舌の沈下を防止する
    当院ではマウスピースによる治療を行なっております
  • 2 CPAP装置による治療
    寝ている間の無呼吸を防ぐために軌道に強制的に空気を送り続ける
  • 3 外科治療
    気道をふさぐ部位を取り除く根治療法